マラソン9年目 いつの間にか基礎となった山を振り返るブログ
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年09月21日 (月) | 編集 |
忘れてた…
僕は 虚弱体質だったんだ
事の顛末です。

木曜日から軽く喉が痛く
寝る前には喘息のけが
それでも浮かれた ガキンチョのような私…
気にもせず
仕事終わりで
休む間もなく富士山の五合目へ直行~

車で仮眠僅か4時間 
普段 7~8時間睡眠の自分にはハードでした

それでも目の前には日本一の山富士山
体調が万全ではないことなんて すっかり忘れて 山頂に向けてスタート
090905_0531~0001
気温10度
あまりの寒さに泣く 息子
俺寒いと 泣いちゃうんだよな~と常々申しております。
090503_1626~0001
五月の鳴沢氷穴でもポロポロ…

登りは快調だったのですよ
最初は7合目まで頑張ろうね~などとうまい事を言いながら
富士山のいいところは
だいたい常に山頂が見えてること(天候に恵まれたから)だが
おだてて おだてて8合5勺
ここで体調が悪いことを気がついた僕は 静かに下山コースに向かうことも考えたのですが。
子供の目は山頂に向けてキラキラ
090905_0945~0001 090905_0854~0001
写真はこちらにたくさん載ってます。りょうちゃん時計2(息子ブログ)
僕のはダイジェスト版で(笑)

酸素が薄くてきついだけ
そう思い込み山頂まで 素人には体調が悪い? 高山病? 判断がつきません
山頂まで7時間半
到着して高いけどご飯を食べようとお店に入るも…
時間が遅いのか
800円のトン汁のみ

下りは地獄でした
子供たちは身が軽いのかさっさかと飛ぶように下りますが 僕はあきらかに発熱しているようなダルさに見舞われ
子供を先に行かせて ゆっくり降りる始末
途中では下山コースの上から悲鳴とともにバスケットボールくらいの岩が落ちてきて10mほど前の集団をかすめるように さらに数百メートル落ちていきました。
あれは 頭に当たったら 即死ですよ。
登る方 注意です。
ほんとに死ぬと思います。

下りは3時間半 もう足は力が入らず
僕はもしかしてインフルエンザで富士山に登ってきた数少ない日本人になったのではないかと思いながら
車に戻り
体中触れると
スゴイ高熱
でも帰らなきゃ 
密室でインフルエンザなら子供たち 完璧アウトだわ…
携帯は寒さで電源が切れて
家にも連絡できず…
なんとか高速まではたどり着いたものの もう限界~
パーキングエリアで力尽きました。
3時間弱仮眠
すると 少し熱も下がり
寝ている間に渋滞も解消しており スムーズに帰宅

そして 帰って
とても怒られ
家中マスクマンになり 
もしそうなら 手遅れと思うが…
今日は朝37度 現在は36.3度まで下がりました。
たぶんセーフか?

弱気の塊になって(笑)←いい薬という話も…

みなさん フルマラソンの直後に富士山に登らない方がいいみたいです
先生からのお願いです。
守りましょう

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村
1日1回クリックしてくれると嬉しいです。
いつもありがとうございます

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。